プエラリアの副作用はどんなものがある?

女性ホルモンと同等の働きをし、バストアップに働きかけることで注目されているプエラリアですが、副作用も気になるところでしょう?実は、プエラリアを摂取し過ぎると副作用が起きると言われています。

そもそもプエラリアは、マメ科の植物で、タイやミャンマーに生息しています。日本には無く、プエラリアを摂取しようと思ったら、サプリを購入したりタイなど海外から買ってくる必要があります。しかし、プエラリアは副作用が強いことからタイ政府では輸出を制限しており、現在ではなかなか手に入りにくいことも現状です。

では、どのような副作用があるのでしょうか?プエラリアは、女性ホルモンを活性化させる働きがあり、その効果は大豆イソフラボンの1000倍以上とも言われています。それほど強力な作用をもたらすとなると、自身で分泌する能力が弱まってしまうのではと危惧されています。

また、肌質がオイリーに変わったり、にきびが増えたりする人もいます。生理周期が乱れたり不正出血があったりする事例も出ています。女性ホルモンに似た働きをするため更年期障害の症状を改善したりして、女性にとって嬉しい効果がたくさん見込まれますが、同時に副作用も起こる可能性があります。過剰摂取は避けて、安全で質の良いものを選ぶと安心でしょう。

↑ PAGE TOP